藤原整骨院

当院はそんなあなたの為の五十肩専門整骨院です

四十肩・五十肩よくある質問

五十肩とはなんですか?
五十肩、四十肩の原因は様々です。
ほとんどの原因が、運動不足やデスクワークによる影響、趣味やスポーツでの姿勢や繰り返し動作などによるものだと考えられます。
長期的な運動不足は、筋肉の柔軟性を失い筋肉の活動不全を起こす原因になります。
デスクワークなどの固定された姿勢により、一定の筋肉が長期的に負荷を受けやすく、炎症を起こす原因にもなります。また、繰り返しの動作が続く環境では同じ筋肉や関節への負荷が強くなり炎症や 痛みをおこしやすくなります。
五十肩、四十肩は何かをしたからなるのではなく、日頃の積み重ねたものが1度に出ることで痛みとなって現れるのです。場合にもよりますが五十肩、四十肩は筋肉や関節に長期的な負荷がかかることで起こると思われます。
マッサージをしても大丈夫ですか?
五十肩の症状では、正しいマッサージであれば有効だと考えられます。
しかし、人によって五十肩、四十肩になった経緯は違います。
その為に、むやみにリラクゼーションのマッサージを受けてしまうと、肩の炎症を悪化させてしまうこともあります。医療知識のあるところでしっかりマッサージすることはお勧めします。
電気施術をしても大丈夫ですか?
五十肩の症状では、急性期と慢性期があります。
急性期の時期に、電気施術などを行ってしまうと炎症が酷くなり、肩の痛みが増加してしまう場合があります。
炎症が一度酷くなると、しばらく酷い痛みが続く事もありますので、安易に電気施術を選択してはいけません。
特に整骨院では保険の請求上、電気施術を多く使用する為に気をつけなければいけません。
知識をもって、五十肩の施術に励むことが大切です。
慢性期では、電気施術も一つの良い施術法になります。
ヒアルロン酸注射は効果ありますか?
整形外科では、ヒアルロン酸注射などを打つ所も沢山あります。
しかし、ヒアルロン酸注射に効果がある五十肩、四十肩は、関節の潤滑剤が減少している場合のみです。
減少していない状態でも、注射されることも多々ありますので気をつけてください。
またヒアルロン酸注射により神経圧迫を起こし、シビレが出たり、痛みが出ることもあります。
これは、注射が失敗していると考えられます。正しい処置を行ってもらえる整形外科を探しましょう。
ステロイド注射の副作用や効果はありますか?
一時的な痛みを止める効果はあります。しかし、ステロイド注射は非常に注意が必要です。
ステロイド注射は肩の関節の組織の性質を弱めてしまいます。
肩の腱や組織が切れやすい状態になりますので注意が必要です。
その為、ステロイド注射は数回で使用がとどめられています。
五十肩の施術法にはどんなものがありますか?
温熱療法、運動療法、投薬治療、注射などがあります。
温熱療法は、患部を温め、血行を良くし、筋肉をほぐすことで肩の関節の動きを良くする効果があります。
一般的には、お風呂で温めたり、肩用のサポーターにカイロ入れて温めるなどの方法があります。
運動療法では、肩の筋肉が硬くならないように筋肉の運動やストレッチ、マッサージなどを行うことで、肩の関節拘縮を防ぎ早期に回復させる効果があります。
五十肩、四十肩ではこの運動療法が最も大事で、しっかり行っていかないと元の肩の状態には戻りません。
肩に痛みがある状態でもしっかり関節を動かし、筋肉を緩めていくことで痛みが無くなると同時に肩の可動域も戻っている状態にしていくことができます。
投薬治療では、激しい痛みを一時的に和らげるために消炎鎮痛剤などが投与されます。
内服薬、外用薬、座薬、湿布などが処方されます。
状態によって様々ですが、薬で痛みを楽にする効果があります。
注射では、薬よりも早く効果がでます。ヒアルロン酸やステロイド、ブロック注射などになります。
ステロイド注射では副作用が大きいので注意しなければなりません。
五十肩、四十肩は治りますか?
五十肩の症状は個人差はありますが完治していく症状です。
適切なリハビリをしっかり行えば、徐々に可動域と痛みは改善されてきます。
腕までシビレがあるのですが五十肩と関係ありますか?
五十肩、四十肩になる事によって周りの筋肉が硬くなり筋肉が神経を圧迫することがあります。
また、肩の痛みをかばい手をよく使うことから腱鞘炎になることもあります。
肩周りの筋肉をほぐしていくことでシビレは改善されます。
五十肩、四十肩は再発しますか?
残念ながら五十肩の症状は、1度なればもうならないことは無いです。
日常生活での負担が肩の痛みとなってあらわれるので、2度3度なる可能性もあります。
しかし、しっかり完治させて最低限のケアを行っていれば、再発することはほとんどなくなります。
中途半端な施術をせず、しっかりと完治させるまで肩を改善することが再発防止になります。
五十肩、四十肩の違いはなんですか?
五十肩、四十肩の違いはありません。
症状が起きた年齢で呼んでいるだけなので、肩の痛み事態は一緒です。